ローヤルゼリーで自律神経を整える方法

ローヤルゼリーで自律神経を整える方法

自律神経は人間が生きていく上では非常に大事なモノで、自律神経が乱れると心身ともに様々な症状を引き起こしてしまいます。
自律神経は自分の意思ではコントロールできない神経で、自律神経失調症と診断されれば薬を使用した治療を受けなければいけませんが、ここではローヤルゼリーと自律神経の関係について紹介します。

私たちの身体に張り巡らされている末梢神経には、自律神経の他に運動神経と感覚神経がありますが、自律神経は生命の維持に関わる神経であり、呼吸や消化の他にも発汗や代謝・生殖・内分泌などの機能を調整する働きがあります。
そのため自律神経が乱れると、それに関係した様々な症状が現れます。

肩こりや頭痛・不眠症・めまいや耳鳴り・寝汗・吐き気の他にも人間不信や情緒不安定となり、女性だと生理不順を引き起こすこともあります。
人間は昼間活動している時には交感神経、夜のリラックスする時間に活発になる副交感神経のバランスを保ち、それを上手に切り替えることで心身の不調を起こさないようにしています。
しかし忙しい現代社会の中では、ストレスや睡眠不足・生活習慣の乱れからそのバランスを崩してしまう人も多くなっています。

自律神経を上手く調整するには、規則正しい生活を送り、趣味なども取り入れてストレスを受けないようにすることが大切ですが、忙しくてなかなか規則正しい生活を送れない人には、ローヤルゼリーを利用して自律神経を整えることをおすすめします。

ローヤルゼリーはストレスを緩和する働きを持っています。
アセチルコリンという成分が不足すると自律神経のバランスは崩れやすくなりますが、ローヤルゼリーにはこの成分がたくさん含まれています。
さらに副交感神経を活発にしてくれる効果も期待できます。

デセン酸というローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分は女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、それを摂取することで乱れたホルモンバランスを整えて、更年期障害の緩和に役立つといわれています。

このようにローヤルゼリーは、人間の生命維持のためにも大切な自律神経を整える働きを持っています。
そこに含まれるアセチルコリンやデセン酸などの成分が、自律神経の乱れを防ぎ、整える働きをしてくれます。

ページのトップへ戻る