生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違いとは

生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違いとは

ミツバチによって作り出され、女王蜂の餌としても知られるローヤルゼリーは、その高い健康効果と美容効果が女性を中心に話題となっています。
そんなローヤルゼリーにはいくつかの種類に分けて販売されていますが、ここでは生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違いを紹介します。

生タイプは、採取したそのままの自然のローヤルゼリーなので、そこに含まれる栄養素がしっかり含まれています。
これに対して調整タイプは、生タイプや乾燥タイプにいろいろなモノを混ぜてつくられています。
調整タイプとして販売されている商品は、総重量の6分の1以上は主成分が含まれてなければいけないという決まりがあります。

どちらのタイプがおすすめかと言えば、もちろん栄養素が豊富でその栄養が100%詰まっている生タイプとなりますが、生だとそれ特有の酸味などの癖があり、そのままではどうしても口にできない人もたくさんいます。
調整タイプは100%の栄養分は含まれていませんが、その分摂取しやすい味付けになっているのがその大きなメリットです。

生タイプの独特な酸味は、ローヤルゼリーだけが持つと言われるデセン酸と呼ばれる成分の影響で、それが多く含まれるほど高品質となりますが、その分酸味が強くなるものも生タイプの特徴です。
さらに生タイプだとどうしても保存が難しくなるため、一般的に流通している商品のほとんどは調整タイプとなっています。

調整タイプは生タイプと違って劣化しにくく、長期間保存できます。
どうしても生タイプに比べると品質的に劣りますが、その中でも高品質の商品を選んで摂取すれば十分な効果を得ることができます。

このように高い健康効果と美容効果があるローヤルゼリーには、生タイプや調整タイプがありますが、その大きな違いは独特の酸味があるかないかです。
生タイプの方が栄養分は豊富に含まれていますが、保存が難しく癖があるため、摂取しにくいのがデメリットといえます。


ページのトップへ戻る